千里山教室(大阪)

個別指導塾 You-学舎 千里山教室の教室写真


教室長コメント

学ぶ力、考える力、頑張る力を、楽しく身につけてもらいたいと思っています

単に知識を身につけるのではなく、学び方を身につけ、学んだことを生かし、目標に向かって努力し続ける

   

大人になってからも活かせる勉強を!

進路指導に定評

千里山教室の様子

千里山教室は、北摂地域に特化した地域密着型の塾です。地元の小学校や中学校、高校の進路事情を熟知しています。
この地域は部活動や習い事にも熱心ですが、生徒たちは勉強と両立し、成績を上げています。千里山教室ができて20年近くになりますが、おかげさまで他の塾とはひと味違う「町の塾」として浸透してきているようです。

ほとんどの学習塾は「教える」ことに力を注ぎます。しかし、丁寧に指導をしたからといって成績が上がるわけではありません。
私たちは成績を上げるためのトレーニングをし、「できるようになってもらう」ことで成績を上げています。

授業以外の指導も大事です。私たちは生徒との1:1のコミュニケーションを大事にしています。世間話や学校での様子から、成績が低迷している理由が見えてくることもしばしばあるのです。

進路指導にも定評をいただいています。生徒の希望や学力に合わせて、理想の進学を叶える環境が私たちの塾にはあります。また、地元出身の講師も在籍しており、講師自身の受験体験談を聞くこともできます。

進学塾として、中学進学・高校入試・大学入試に必要なすべてを指導をします。

自習室利用OK継続できるしくみがあります。

千里山教室授業風景

塾生なら誰でも何度でも自習利用ができます。教材持ち込みOK、質問OKです。
小中学生には、継続できるしくみとして、自習をするたびにポイントがたまる「ポイントラリー」を実施しています。

また、千里山教室は阪急千里山駅BiVi千里山が目の前の明るく安全な場所なので、夜遅くなる授業でも安心です。

千里山教室の主な指導実績校

小学校
千里第二小、千里第三小、千里新田小 ほか
中学校
吹田一中、南千里中、高野台中、佐井寺中、古江台中、片山中 ほか私立中多数
高校
追手門学院、大阪薫英女学院、常翔学園、関西大学北陽、北千里、吹田東、清風、千里、山田、早稲田摂陵 ほか

You-学舎 千里山教室

住所

565-0842 大阪府吹田市千里山東2丁目27-13(阪急千里山駅東50m)

最寄り駅

阪急千里山駅よりすぐ

お問い合わせ(TEL/FAX)

06-6380-3135

公式LINEアカウント
受付時間

平日14時~21時、土曜14時~19時、日曜祝日はお休み

ストリートビュー

お近くの教室を探す

You-学舎ゆうがくしゃは、大阪府北摂地域(茨木市・吹田市)と京都府(京都市右京区)に特化した地域密着型の個別指導塾です。

どの教室も駅から近く、大通りに面した明るくて安全な場所にあり、良い評判をいただいています。


最近のブログからピックアップ

大阪府関連の定期テスト情報、入試お役立ち情報などを更新しています。

【大阪府公立入試】問題分析〜社会〜4月3日:高校受験情報(大阪府)

こんにちは

 

今回も、前回の数学B問題の問題分析に引き続き、

3月10日(水曜日)に実施された大阪府公立高校の入試問題(社会)を分析いたします。

 

大阪府の社会の問題は4つの大問から構成されており、

地理・歴史・公民と満遍なく出題される傾向にあります。

 

大問ごとに見ていきます。

 

 

特に重要な問題については赤字で書いております。

 

大問1(歴史)

 

 

テーマ:日本における金属の利用

 

(1)弥生・古墳時代

ここでは、主に金属器が伝来した頃の歴史について問われています。

 

仏像の写真を見て、どこの寺院のものか選択する問題があります。

この問題では、仏像の写真を見て判断することは求められていません。

 

問題文に「6世紀」「奈良県」というキーワードがあります。

 

これらのキーワードから「法隆寺」という答えを導くことが求められています。

 

こういった問題に対応するためには「法隆寺」という言葉を見たときに、

「奈良県」「日本最古」という言葉を連想する癖をつける必要があります。

 

(2)飛鳥・奈良時代

ここでは、金属に関係なく、

この時代の文化財について問われています。

 

(3)室町・戦国時代

ここでは、この時代の外交・戦乱・法令と

幅広い範囲から出題されています。

 

(4)江戸時代

ここでは、地図を使用した問題と、

当時の貿易に関する記述問題が出題されています。

 

 

佐渡の場所を地図上から選択する問題があります。

この問題は、知らなければ全く解けない問題です。

 

つまり、用語のみをいくら勉強しても、

こういった問題に対応することは出来ないという事です。

 

特に、金銀山や戦いの地はよく地図で出題されるので、

地図を用いた勉強が必要です。

 

(5)幕末・明治時代

ここでは、当時の産業の発展について問われており、

出来事を時代順に並べ替える問題が出題されています。

 

出来事を時代順に並べ替える問題があります。

 

この問題は年号を暗記していないと解けない、

と思っている人が多くいます。

 

もちろん、そのようなタイプの問題もあります。

しかし、時には、選択肢の文章から判断することが出来ます。

 

 

(例)ア:日清戦争が起きた  イ:南満州株式会社を設立した  ウ:日英同盟を結んだ

 

 

ここでポイントとなるのは「ア」と「イ」です。

 

満州とは中国の一部なので、日清戦争に勝ったから会社を創れたと考えることが出来ます。

 

もう「ア→イ」は確定しました。

 

可能性としては「ア⇒イ⇒ウ」か「ア⇒ウ⇒イ」ですが2つにまで絞ることが出来ました。

 

少しでも多くのことを知っていれば、それはヒントになることを心のどこかにしまっておいてください。

 

 

大問2(地理・歴史・公民)

 

テーマ:教育

 

(1)教育に関する歴史

ここでは、日本の教育に関する歴史について問われています。

 

(2)留学

ここでは、表を基にした文章の読み取り問題や、

日本と外国の歴史について出題されています。

 

文章を読み取って正しい文章を選択する問題があります。

 

この問題は、時間をかけても良いので丁寧に解いてほしい問題です。

 

なぜなら、表を基にした文章であるため、答えは表に載っています。

 

中には、多少の計算が必要な問題もありますが、

丁寧に解けば確実に正解できます。

 

そういった問題を面倒くさがらずに、

練習しておくと、本番でも難なく解くことが出来ます。

 

大問3(地理)

テーマ:地形と自然環境

 

(1)日本と世界の造山帯

ここでは、2つの造山帯と火山活動に関する地形や鉱物の

問題が出題されています。

 

図を見て、どの鉱物の分布かを判断する問題があります。

 

この問題は、端的に言えば、

その鉱物の主な産地を知っておくと解けるようになっています。

 

それは鉱物に限りません。

 

(例)日本の場合  りんご:青森県、みかん:和歌山県・愛媛県、米:新潟県…

   海外の場合  鉄鉱石:オーストラリア、ブラジル、金:チリ、オリーブ:地中海付近の国

 

このように、それぞれの物に対して、

どの地域が主な産地であるのかを知っておくと、

それだけで解きやすい問題になります。

 

*海外の場合は、産出量1位〜3位くらいまで把握してると

大きな武器になります。

 

 

(2)日本の漁業

ここでは、時差の問題日本の漁業に関する用語

記述問題が出題されています。

 

時差の問題があります。

 

時差の問題は数学と似たところがあり、

公式や解き方を覚えていなければ正確に解くことは難しい問題です。

 

逆に言えば、練習をしておけば解きやすい問題です。

 

その理由は、時差問題の出題パターンは

それほど多用ではないからです。

 

そのため、一度慣れてしまえば、

その後はスムーズに解けるようになります。

 

たかが1問、されど1問です。

 

大問4(公民)

テーマ:権力の分立

 

(1)ヨーロッパの政治と権力の歴史

ここでは、ヨーロッパの権力に関する用語や出来事が問われています。

 

(2)日本の三権分立

ここでは、日本の三権分立のそれぞれの役割を細かく問われています。

 

全体的に用語をきちんと理解しているかが問われる問題が多くあります。

 

これらの問題の難易度は高いとは言えませんが、

決してないがしろにできない問題です。

 

用語の穴埋めや、3権(国会・内閣・裁判所)の役割など、

覚えていなければつまずき、覚えていれば勢いずく問題です。

 

これらは必ず取ってほしい問題です。

 

難易度が高くないという事は、ここで落としてしまうと

他の受験生との差が広がってしまいます。

 

(3)地方公共団体

ここでは、地方公共団体についての文章の正誤を判断する問題、

記述問題が出題されています。

 

 

 

まとめ

以上が今年度の社会の問題分析です。

 

今回取り上げた問題は、特に重要な問題です。

 

社会は覚える量が多く、問題数も多いため、

1問1問の配点はそれほど高くありません。

 

しかし、そのために言い訳が出来てしまいます。

 

「たかが3点問題だから」

「量が多いから、地理だけ頑張る」

 

確かに、1問を見ればその通りです。

しかし、それが積み重なれば自分が自信を持って解ける問題など数問しかありません。

 

入試の社会はいかに早くから勉強を始めるかです。

 

言い訳だらけにならないようにすることが最も大事な対策かもしれません。

 

過去の日記

過去の日記一覧です。

2021/4/3 【大阪府公立入試】問題分析〜社会〜
2021/3/25 【大阪府公立入試】問題分析〜数学B問題〜
2021/3/10 【大阪府公立高校】帰国生入試の面接で何を聞かれた?
2021/3/8 【大阪高校入試情報】令和3年度(最終)大阪府内進路希望調査発表!
2021/2/26 【合格体験記】大阪産業大学・工学部合格おめでとう!