生徒の声(合格体験談)

最新の合格体験談からピックアップ

【合格体験】大谷高校でやりたいことがある!7月4日:西院教室

JUGEMテーマ:学問・学校

Mちゃん、大谷高校合格おめでとう!

Mちゃんは小5の3月からずっと、You-学舎に通っていました。小学生の間は、ピアノなどの習い事と塾を両立しながら、楽しく勉強していましたね。

 

中学生になった頃は、「公立高校に進学しょうかな?嵯峨野がいいかな?山城かな?桂も楽しそうだなあ」と、まだまだ志望校も決まっていませんでしたが、何となく公立高校かなあという感じでした。

まあ、ほとんどの生徒が中学1〜2年生の間は、受験はまだまだ先のことだと思っていますし、志望校が決まっていないのはよくあることです。塾でのカウンセリングでも「まずは色々な学校について調べてみましょうか。」とお話ししました。

 

何でも積極的に取り組むMちゃん、中学校では吹奏楽に入り、コンクール前は毎日練習していました。合唱コンクールではピアノの伴奏もしました。中2の後半からは、吹奏楽部の部長に評議員まで務めながら、勉強との両立をコツコツと頑張っていました。

 

中学校3年生の春ごろまでピアノも続けていて、「今度はショパンの子犬のワルツを演奏するんだ」と教えてくれました。私もピアノをしていたので、「あ、あの右手がツリそうになる曲だね。頑張ってね」なんて笑ってましたが、忙しい日々が続いていましたね。

 

中3の秋にも「今日は評議員の活動があって、大変やった」といつもより遅い時間に自習にやってきたMちゃん。文句をいうこともなく「まあ、Sくんも一緒やしね」とニコニコしてました。この学年は塾内に評議員が二人いましたからね。自分だけが大変なわけじゃないと思えたのかもしれません。

Mちゃんは高校になってもこんな感じで色々なことに取り組むんだろうな。今は何とか勉強との両立ができているけれど、高校では苦労するかもしれないなと思いながら様子を見ていました。

 

中2の終わりころから、真剣に高校について考えだして、知り合いの方の大学受験の様子なども聞いて、いくつかの私立高校の説明会にもいくようになりましたね。塾でのカウンセリングでも、「コツコツ頑張るタイプのMちゃんは、指定校推薦の多い私立高校に進学するのもいいですね。」とお母さんともお話ししていました。

 

最終的には部活のこと、大学進学のことを考えて大谷高校の受験を決めたMちゃん。コツコツと着実に学力を積み上げてつかんだ合格でしたね。

大谷高校パンフレット
大谷高校パンフレットより)

大谷高校を目指すようになった理由は?

女子生徒

オープンキャンパス文化祭に行って、とても楽しそうで明るく、充実した高校生活が送れそうだと思ったからです。

 

また、吹奏楽部の人数が、中学校よりとても多かったのが魅力でした。

大谷高校では、合奏だけでなくマーチングもやっていて、私もやってみたいなと思いました!

 

大谷高校の文化祭は本当に規模が大きいようですね。見学にいって、自分も大谷で文化祭を経験したいと思って帰ってくる生徒が何人もいます。以前、在校生インタビューをしたのでこちら記事も読んでみてくださいね。

【京都】大谷高校合格最低点&生徒インタビュー

受験勉強の期間は、どう過ごしましたか?

勉強に集中できないときの救世主"タイマー"
女子生徒

机に座っても、なかなか集中できないときが多かったです。

そんなときは、机にタイマーを置いて、「○分間は集中する!」と決めて勉強していました。

特に過去問を解くときは、「タイマー作戦」が効果テキメンでした!

 

タイマーは、スマホのタイマーではなく、100均にあるようなキッチンタイマーにしました。

スマホだと、視界にちらちらスマホが入ってしまって、気が散ってしまうので。

 

これは正解ですよね。受験前にスマホを使う生徒はいない学年でした。高校受験生が自習をしている席のあちこちからタイマーの音が聞こえてきて、非受験生たちにもピリピリした感じが伝わっていました。

いろいろ我慢しました

 

女子生徒

インフルエンザにだけは、絶対かからないように気をつけていました。

例えば、外で作られている物を食べないようにしていました。

マクドとかもダメ!

友達と遊びに行くのも、あまり長居はしないようにして、毎日必ず勉強時間を確保するようにしました。

あと、スマホも見ないようにしていました。

休み時間も、スマホは触らないようにして、英単語や理科・社会の暗記タイムにしていました。 

お母さんが食事のことや、健康面などしっかりフォローしてくれていましたね。仲のいい友達と休み時間はおしゃべりをすることもありましたが、いいライバルとして過ごせていました。

前日・当日はいつもどおりのコンディションになるように
女子生徒

前日は、できるだけいつも通りの生活をするようにしました

勉強も、特に苦手な教科の最終チェックをするにとどめて、当日のコンディションを少しでも良くするように意識しました。

 

当日は、6時前に起きました。

いつもより早いですが、こうすると試験の時間には脳がしっかり起きて、普段勉強しているときと同じ状態になるらしいので。

あとは、特に電車やバスが必要なら、余裕を持って家を出る必要がありますね。

家族の協力もありました
女子生徒

家の人には、とっても感謝しています。

テキストをたくさん買ってくれたり、インフルエンザにかからないように、いろんな配慮をしてくれたりしました。

 

お守りもたくさん買ってくれたので、勉強も体調も運勢もサポートしてもらいました。

ありがとう!

「めっちゃお守りいっぱいある!」と笑ってましたね。おばあちゃんからもらったとか、たくさんあって神様がケンカしそうなくらいでした。合格は自分だけの力ではないと、きちんと分かっているのがしっかりもののMちゃんですね。

これから高校受験を控えた後輩にメッセージ

女子生徒

受験は中1からの積み重ねです。

中1からしっかりと、遊びと勉強のメリハリをつけて勉強をすることがとっても大切 です。

頑張ってくださいね。

 

高校に入ったら…

女子生徒

楽しく、一生懸命に部活も勉強もして、しっかりと文武両道できるようにしたいです。

大学に向けての勉強も、悔いが残らないように、精一杯なんでも取り組みたいです!

大学進学を前提に、指定校推薦の豊富な大谷高校への進学を決めたMちゃん。高校3年間、またコツコツと積み重ねていきましょうね。

Mちゃんの合格の秘訣
  • どんな高校生活を送りたいか具体的にイメージして、それをモチベーションにすること。

最新の合格体験談一覧

新着の合格体験談です。

2019/7/4 【合格体験】大谷高校でやりたいことがある!
2019/6/27 【合格体験】夢は願えば叶う!大阪府立山田高校 合格者インタビュー
2019/6/26 【合格体験】オープンキャンパスが決め手!武庫川女子大学文学部 合格者インタビュー
2019/6/26 【合格体験】帰国生枠で見事合格!大阪府立福井高校 合格者インタビュー
2019/6/25 【合格体験】大学3年次編入も狙える!日本分析化学専門学校 合格者インタビュー

先輩たちの合格体験談国内高校生篇

大阪大学 合格千里高校(国際文化科)出身 Sさん

私は中学3年生のときに入塾しました。
丁寧な個別指導と、フレンドリーな先生方のおかげで、わからないところも質問しやすかったです。特に定期テストキャンプは、最初は慣れませんでしたが、徐々に効果を感じ、高校でもテスト高得点を維持できました。

大学受験でも個別指導に加え、月に一度の集団授業を受けたことで、少しずつ成績が伸びていきました。センター試験の結果に落ち込み、志望校の変更に悩んだとき、先生方の励ましのおかげで挑戦しようと決めました。


あきらめずに頑張って良かったです。

滋賀大学 経済学部 合格北嵯峨高校出身 Dくん

目標を定めること。
知識の取捨選択をすること。


これが僕が受験をするにあたって、You-学舎で学び取ったことです。

目標とする大学を定め、合格するためにはどのような知識が必要なのか、その道筋を考える、これは少なからず僕の合否に影響した部分です。
やみくもに勉強するのではなく、確実に合格圏に入ることこそが受験なのだと知りました。

立命館大学 法学部 合格南高校出身 Kさん

5科目200点未満に焦りはじめた中3からYou-学舎で勉強をし、最終的には5科目400点を取れるようになり、第1志望の高校に合格。高校入学後も通い続け、高校3年間、学年1位をキープしました。

大学受験の夏、とてもつらかったのですが、講師の先生が丁寧に計画を立てて、いっしょに頑張ってくださったので、乗り越えることができたのだと思います。


その結果、ずっと憧れていた法学部に合格できました。

先輩たちの合格体験談海外生篇

関西大学・同志社大学 合格Iさん
ニュージーランドへの留学期間
将来は、何か英語を役立てられる海外の人とも関われるような仕事に就きたい
オンライン指導合格者

私は、ニュージーランドに3年間の高校留学をしていました。
留学を決めたときには、特に行きたい大学は考えていませんでした。

ただ将来の夢は、何か英語を役立てられる海外の人とも関われるような仕事に就きたいな、という程度で、あっという間に時間が過ぎて行きました。


You-学舎の「オンライン個別指導」との出会い
まったく受験勉強をしておらず、日本の大学の知識も、ほとんどなかった私

留学3年目の5月ごろ、私の周りで大学進学について考え出している人が増えてきました。
当時、私はまったく受験勉強をしておらず、日本の大学の知識も、ほとんどありませんでした。

とりあえず親に頼んで、外国語を専攻できそうな大学をネットで調べ、パンフレットを送ってもらいました。
受験する上で必要な小論文を勉強するために、母がネットで見つけたのがYou-学舎さんでした。
Skypeでのレッスンとのことで、海外に住んでいる私でも受講できるというのはとても助かりました。

関西圏に強い!You-学舎ならではの指導
関西ならではの情報をたくさん教えてくれた

関西地域の大学を受けようと思ってた私にとって、You-学舎さんは関西が地元ということもあり、その地域の人ならではわかる大学の雰囲気などの情報もたくさん教えてくださいました。
私がYou-学舎さんに指導してもらえてよかったと思ったのは、とても親身になって教えてくれるからです。
出願期限まで残り時間もなく焦ってた私に「質問があったらいつでも連絡して!」と言ってくれ、返事も早く返ってきたので安心でした。

オンライン指導合格者と講師の写真
出願できない?トラブル発生!
先生が臨機応変に対応してくれた

何より、先生の臨機応変さが、私が関西大学同志社大学の受験に合格できた理由です。
第1志望だった立命館大学の出願前日に、私が持っていたIELTSの資格が、出願資格に提示されているものとは異なることに気づきました。
慌てて先生に連絡をし、大学に確認を取ってもらったところ、出願を断られてしまいました。

立命館大学しか視野に入れてなかった私は、そのときは絶望しましたが、先生はすぐに私と母に長文のメールで、私が次に何をすれば良いかを提案してくれました。
それが、準備期間は短かったものの、関西大学への出願と同志社大学への出願でした。
さらに、その2つの大学の受験が上手くいかなかった場合の第2のプランも立ててくださいました。

きっとこの決断は、大学の知識がまったくなかった母と私では、到底考えつくことができないものでした。

ついに入試の日
面接対策や繰り返しの小論文の指導で見事合格!

そこから急いで願書を書き始め、関西大学の書類審査を通過し、日本に帰国して関西大学同志社大学小論文面接の試験を受けました。

面接では、日本語面接と同時に、英語面接の対策もしていただきました。
想定される質問に対する英語の受け答えの原稿も、1度目の面接練習でよくなかったところを踏まえ、事前に作成していただいたこともあり、暗唱して何度も練習しながら試験に臨むことができました。
また、小論文の指導も何度も何度も繰り返し書き直して、添削をしっかりとしてもらえたので、試験当日は、非常に落ち着いて受験することができ、見事合格することができました。

何より、先生たちの言葉や対応に精神的に支えられた部分が一番大きいと思います。
先生たちの手厚い指導とケアなしでは合格することはありませんでした。

本当にありがとうございました!

オンライン指導合格者と保護者の写真
ICU高校(国際基督教大学高校) 合格Sさん
推薦入試に必要だった困難な条件
どうしても入りたかったICU高校と、You-学舎との出会い

私はICU高校の推薦入試を帰国子女枠で受験し、合格しました。

この推薦入試は、受験資格を得るためにまず、「英検準1級以上」「TOEIC 730点以上」「TOEFLのiBT 79点以上」のいずれかを持っていなければいけませんでした。さらに、帰国してから面接試験もありました。
私はアメリカに2年ほどしかいなかったので、どれも困難だろうと思っていました。

ICU高校はとても評判のよい学校だったので、「どうしても入りたい!」と思い、母に相談してみました。
すると、母は私に「You-学舎さんに勉強を指導してもらってはどうか?」と言いました。母は、母の友人が教えてくれたという海外でのYou-学舎さんの説明会注1に行っていたようで、今の状況にピッタリなのではないかと、私に薦めてくれました。

アメリカ(ロサンゼルス・サンディエゴ・シアトル)の説明会の様子
スカイプ授業開始
勉強だけではなく、勉強の状況や学校生活のことも話せた

そして、受験日の7か月前から、You-学舎さんの英語の先生のご指導のもと、英検準1級とTOEIC 730点以上を取るための勉強を始めました。
週1回、スカイプで1時間から2時間ほど授業をしていただきました。自宅で授業を受けることができたので、開始時間ギリギリまで準備ができました。

毎日、先生から出題いただいた宿題プラス英単語を、平日は35個、休日は70個覚え、フレーズや過去問をひたすら練習しました。
朝早起きして、単語帳を見て、登下校中も頭の中でフレーズを繰り返し、少しでも時間があれば過去問を解きました。英単語やフレーズ、過去問は先生からPDFで送っていただいたものを印刷していました。
先生に数ある問題集や単語集から出る確率が高いものを厳選していただいたので、効率よく勉強ができました。理解ができなかった問題や、疑問に思ったことはスカイプの授業のときと、それ以外の時間に、メールなどで聞くことができました。そのため、どんな疑問もすぐに解決させることができ、勉強も順調に進められました。

授業は、宿題で出た過去問の間違えたところを一つ一つ丁寧に教えていただきました。また、単語を覚えているかチェックしてもらったりもしました。
「勉強の状況はどうか?」「最近の学校生活はどんな感じか?」等も授業の合間に聞いてくださったり、たくさん褒めてもらえるので、毎回授業を受けるのが楽しみでした。

TOEIC対策等のテキスト
推薦条件達成
TOEIC 855点取得と、ICU高校合格!

TOEICは855点を取ることができ、ICU高校の推薦入試の受験資格が得られました。
面接の練習については、You-学舎さんの別の先生にご指導いただきました。ICU高校で聞かれる確率の高い質問を教えていただき、その中からどれを聞かれてもいいように、ひたすら授業でも家でも練習しました。礼儀作法についても、礼の際の角度など、細かくご指導してくださいました。
実際に高校へ面接に行ったとき、授業で練習した雰囲気にとても近かったので、リラックスしながら受け答えができました。

You-学舎さんにご指導していただいていなかったら、TOEIC 855点受験合格は不可能だったと思います。先生方には本当に感謝しています。

オンライン授業の様子
(画像はYou-学舎のオンライン授業のイメージ)
逗子開成中学校・聖光学院中学校 合格Mくんの保護者様
突然の帰国決定
急遽、帰国子女枠の中学受験に挑戦することに

昨年8月末、突然日本帰国が決まりました。

息子はそれまでマレーシアのインター校に1年半通っていましたが、帰国予定時の翌年3月には、日本なら中学入学の時期。
そこで急遽、帰国子女枠の中学受験に挑戦することを決めました。

You-学舎の決め手は?
プロの講師による指導とその質の高さで、迷わず決定

入試まで4ヶ月、近くに塾もなく、インターネット塾を数社、ピックアップして体験授業を受けました。

その中でYou-学舎を選んだのは、帰国子女枠の受験に対するノウハウやフォロー体制が豊富なことと、先生の質の高さです。
最初のカウンセリングで、息子の現状、志望校選び、そして帰国子女入試はテストだけでなく英検などの資格や、勉強以外でアピールできるものが必要等、的確なアドバイスをしていただき、まったく受験の知識のなかった私たちは、少し安心したのを覚えています。
また、体験授業においても、他社の学生の先生とは異なり、プロの先生で、息子も「授業が楽しい!」「ここにする!」と言ったので、迷わずYou-学舎に決めました。

逗子開成中学校の算数対策
苦手克服と的確な試験対策
問題が解けたときの喜びを知るようになった

志望校を算数英語の2教科受験に絞り、9月から週2回の授業が始まりました。

当時、過去問を解いても算数、英語とも50点にも満たない状況でしたが、算数では、息子の苦手分野や志望校の傾向をすぐに把握し、それに応じた授業や宿題を出していただきました。

また、ときには熱心に時間を延長して教えていただいたおかげで、息子も問題が解けたときの喜びを知るようになりました。
英語も同様に、インター校では習わない和訳、構文等の問題に対する適切な資料を使い試験対策を進め、そのおかげで少しずつ過去問における点数も上がってきました。

また入試前日にも、面接対策の授業テストを受ける心構えなどのアドバイスもいただき、息子もとても心強かったようです。

第一志望に合格しただけでなく…
逗子開成中学校と聖光学院中学校の2校に見事合格!

おかげで、第一志望の逗子開成中学校に合格、さらに、半ば記念受験と思っていた2週間後の聖光学院中学校にも合格!

4ヶ月前には想像もできない結果に親子ともども正直びっくり、大喜びでした。
これは、You-学舎の先生方のお力なしでは、到底成し得なかったと思います。さらに授業以外にも、志望校に受験資格の問い合わせや、過去問を取り寄せをしてもらったり、手厚い対応には感謝以外の言葉がありません。

短い期間でも一生懸命やればできるんだと息子にとってもいい経験にもなりました。本当にありがとうございました。

逗子開成中学校の入試問題

お近くの教室を探す

You-学舎ゆうがくしゃは、大阪府北摂地域(茨木市・吹田市)と京都府(京都市右京区)に特化した地域密着型の個別指導塾です。

どの教室も駅から近く、大通りに面した明るくて安全な場所にあり、良い評判をいただいています。